広島銀行と住宅ローンについて

広島銀行は、本店を広島市中区紙屋町1−3−8に置き、144の支店と20の出張所に加え上海に駐在員事務所を展開しています。明治11年からの創業で、広島県を中心に、多くの人と中小企業が口座開設をしています。通称、略称は「ひろぎん」と呼ばれています。ひろぎんの金融機関コードは0169です。ひろぎんのatmは広島県を中心に150以上設置さら、セブンイレブン、イトーヨーカドーのセブン銀行、ファミリーマートやサンクスなどのe-net(イーネット)、ローソンamt利用できます。利用時間、振込手数料等はひろぎんホームページをご覧ください。広島銀行の住宅ローンは、女性向けの「my self」、フラット35など特色のあるプランを用意しています。また広島銀行の住宅ローンでは、借り換え専用の「プラス700」という商品も販売しています。また、住宅金融公庫などの公的住宅融資を利用せず、広島銀行の住宅ローンのみで借り入れされる方のための「ひろぎんスーパー住宅ローン」もラインナップされています。

広島銀行の住宅ローン金利優遇

広島銀行の住宅ローンの特別優遇金利では、育児支援優遇もあります。当初3年固定金利では、年1.1%と超低金利です。この利用期間は、2009年9月30日までとなっています。広島銀行の住宅ローンを、三菱東京ufj銀行、みずほ銀行、りそな銀行等の都市銀行と比較ランキングサイトで比べてみると、お得なのがわかります。広島銀行の住宅ローンは、新生銀行、東京スター銀行、sbiなどの新参組と言われる金融機関、geコンシューマーサービスの「ge maney」などと比べてシュミレーションしても、まったく遜色のない商品を展開しています。競合となっているja農協、ろうきんも十分魅力ですが、ひろぎんもぜひ検討してみてくださいね。特に借換えローンなどの付加サービス、繰り上げ返済がインターネットバンキングなどで行えるなどといった利用者にとっても便利な機能も満載です。自営業の方や、転職されて勤続年数が短い方、年収や頭金などので条件が厳しいとお感じの方は、是非、広島銀行へ相談してみてください。

広島銀行住宅ローンセンター

広島銀行は住宅ローンセンターを設置しており、利率、返済比率、仮審査に必要な情報を事前に入手できます。また住宅ローン減税や住宅ローン控除について、住民税などローンスタート後の相談も専門のアドバイザーが行ってくれ、大変人気となっています。返済シミュレーションも収入にあわせてしっかりプランニングしてくれるようです。広島銀行の住宅ローンは、確実なプランが立てられるので、ほかの金融機関と比べるときにも役にたちます。広島銀行の住宅ローンの相談窓口では、落とし穴になりがちな、火災保険などの諸費用、保証料、連帯保証人についても事前に確認できますし、必要書類についても丁寧に教えてくれます。また、生命保険や三大疾病疾患医療保険の取り扱いもあるので、ローン開始後の返済リスクの低減も提案してくれます。さらに今後の金利動向や利率推移など、ローンを組むのに必要は計算方式も万全です。情報収集は、マイホームを購入するときに一番重要なポイントです。

最新情報


おみくじは 


ラッキーカラーは たんぽぽ色


ラッキーな場所は 高級中華料理店


本日は2014年10月24日です。現在、19時52分24秒。

27 dummydummy dummy dummy